ハロゲンの有無を調べる

試験管

納期を確認しよう

電子機器や関連機器の部品によく使われている物質としてハロゲンというものがあります。ハロゲンとは、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素、アスタチンなどの物質をさします。これらの物質は難焼性を持つという特徴があります。そのため電子機器などによく使われていたのですが、近年、ハロゲンを燃やしたときにでるダイオキシンが問題となっており、ハロゲンを使わないかごく少量に留めるというハロゲンフリーの流れが世界的にきています。そのため、ハロゲンが商品などにどれくらい使われているかを確かめるハロゲン分析が様々の会社で行われるようになりました。ハロゲン分析を行うとき、アスタチンは人工物でありあまり含まれないことから一般には含みません。ハロゲン分析はイオンクロマトグラフ法と酸素ポンプ燃焼法という方法がありますが、主に行われるのはイオンクロマトグラフ法という特徴があります。イオンクロマトグラフ法は必要な材料がごくわずかであり、自動で行うことができるので、細かな部品の測定や、均一な物質の測定に向いています。自動で行えることからコンタミネーションを防げるというメリットもあります。多くの会社ではこちらの方法でハロゲン分析を行っています。一方、酸素ポンプ燃焼法は必要な材料が多めなので、不均一な物質の分析に適しています。ただ人力で操作するのでコンタミネーションのおそれがあり、操作する人の熟練度が反映してしまいます。会社により価格はまちまちですが、そこまで高くないことが多く、納期などにも差があります。

Copyright© 2017 マイクロスコープの利便性を解説!【分析機関でも重宝】 All Rights Reserved.