自由な世界への挑戦者たち

研究

「ハロゲン分析」は1990年代に、塩素・臭素が含有されている、電気製品の処分の際に発生するダイオキシンで、環境汚染の問題が発生。その解決を検討していった、電子・電気製品関連の法人が辿り着いた定義である。

詳しく見る

多様な現場で使える

研究

見えない場所を調べる

マイクロスコープとは、テレビやパソコンなどの画面に拡大画像を表示する装置のことです。本来のマイクロスコープ(microscope)は、顕微鏡の意味ですが、日本ではカタカナ表記でマイクロスコープといえば高画素のカラーカメラ、照明、倍率レンズ、接続ケーブルなどを備えた拡大表示装置を指しています。また顕微鏡型の固定式のものと内視鏡検査などで使われるような光ファイバーを用いたファイバースコープなどもマイクロスコープの一種になります。マイクロスコープのメリットとしては顕微鏡のように一人の目だけで観察するのではなく画面に拡大表示されるので複数の人の目で観察することができますし、またパソコンで画像を保存することもできますし、その画像を解析することも可能です。このため色ムラやはんだ不良などの品質チェックが容易になりますし、また微細な傷などの検査にも用いることができます。一方でマイクロスコープは、さまざまな現場で使われていますが、産業用のほかにも家庭用のものも登場しています。産業用ではより高画質なものが求められますが家庭用のものはそれほど高いものではありません。多くはパソコンなどに接続して映し出すというもので、従来の顕微鏡の代わりとしても使えます。特に顕微鏡では一人しか観察できませんがマイクロスコープであれば画面を見ながら観察できるので教育を行う上でもメリットがあります。また人間が入り込めないような場所にも挿入することができ、ライトを備えたものであれば屋根裏や排水管の中を調べるといった用途にも使えます。

Copyright© 2017 マイクロスコープの利便性を解説!【分析機関でも重宝】 All Rights Reserved.